StarHorse4の新要素

SH4新要素 血統表生産

SH4新要素 血統表生産

生産機能が大幅に進化!StarHorseシリーズの歴史に無い新たな生産機能を実装!
その名も 血統表生産!

今までの生産では、種牡馬、繁殖牝馬1頭ずつで生産を行っておりましたが、今回からは2代前から4代前までプレイヤー自身が好きな組み合わせを考えて生産を行える初めての生産方法です。

ここからは、血統表生産の魅力を段階ごとに分かりやすく説明いたします!

通常生産と何が違うの?

まずは、生産に使用できる「スターホースカード」と「株券」の数が違います。
それぞれで設置できる部分を赤枠で囲っています。

通常生産

過去のシリーズでの生産は、種牡馬1頭、繁殖牝馬1頭を選択して生産を行っていましたが、血統表生産では、4代前に種牡馬8頭、繁殖牝馬8頭を選択する事で、最大16頭での生産が可能となりました!

血統表生産

最初は2代前まで(4頭)ですが、今後のアップデートで開放されていきます。

実際にセットすると下記のようにマスが埋められます!

セットマスを埋めた状態の血統表生産

セットすると血統表の4代前のところに、StarHorse3まではなかった見慣れないマークが表示されているのが確認できます。
実はこのマークも今回の血統表生産の注目するポイントの1つ!

マーク

このマークは、今回の新しいシステム「ラインエレメント」と「ラインニックス」に関係します!
続いては「ラインエレメント」の説明となります。

「ラインエレメント」とは?

「ラインエレメント」とは?

系統ごとに適性がラインエレメントポイントとして設定されています。
血統表上のラインエレメントポイントの合計値に応じて、生産馬の適性が上昇するシステムです。

ラインエレメントの説明

例えば初期株券を下記のようにセットすると、芝の適性を上昇させて生産を行うことができます。

芝のラインエレメントポイントを上昇させることができるセット方法を手順にした画像

他にも「ラインニックス」や「インブリード」の組み合わせなどを下記に紹介します。

◆ラインニックスの一例
初期株券にて、下記組み合わせを行うことで、ラインニックスが「14」Pの組み合わせができます!

2代前の種牡馬に「ナチュラルナイン」
2代前の繫殖牝馬に「アグネスラズベリ」
1代前の繫殖牝馬に「エバーローズ」
ラインニックスポイントが高いと、生産時に(健)以外の適性が上昇した仔馬が生まれます。

ラインニックスの一例
ラインニックスの一例

◆インブリードの一例
インブリードとは、交配する馬の血統に同じ馬を含んだ配合を指します。
生まれてくる仔馬の素質に影響があり、血が濃すぎると体質が弱い馬が生まれてくるため、危険な配合とされています。
初期株券にて、下記組み合わせを行うことで、 Danzigの「18.75%」の組み合わせができます!

1代前の種牡馬に「チーフベアハート」
2代前の種牡馬に「アドマイヤオーラ」
2代前の繫殖牝馬に「ゴールデンジャック」
※「18.75%」とは奇跡の血量と呼ばれる配合バランスとなり、生産時に特定の適性が上昇した仔馬が生まれます。
ただし、(健)の適性は上昇しないため注意が必要です。

インブリードの一例
インブリードの一例

スターホースカードがあれば「特性」を引き継ぐ確率アップなども可能です。
確率なども高確率にすることなども可能です。
こちらも一例をご覧ください。

「特性」を引き継ぐ確率

このように自由な組み合わせを行うことができる魅力があるので、様々なスターホースカードや株券を獲得し、自分だけの組み合わせを探してみてください。